沢井製薬が新工場立地協定 福岡県、飯塚市と締結 ジェネリック薬品安定供給へ

 福岡県飯塚市に新工場を建設するジェネリック医薬品大手「沢井製薬」(大阪市)の沢井健造社長は14日、服部誠太郎知事と飯塚市の片峯誠市長との間で立地協定を結んだ。新工場は405億円を投じ、490人を雇用。医療用医薬品の錠剤を年30億錠生産する能力を持たせる計画だ。

 同社は全国6工場のうち2工場を飯塚...

残り 348文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR