十八親和銀、長崎市にコワーキング施設 統合で空き店舗の旧支店を活用 

 ふくおかフィナンシャルグループ(FFG)傘下の十八親和銀行(長崎市)は、店舗統合によって空き店舗となった同市の旧思案橋支店1階に来年1月、FFGが展開するコワーキング施設(共同利用型の仕事場)を新設すると発表した。旧十八銀と旧親和銀の合併による十八親和銀の発足後、統合店舗の跡地活用が発表されるのは...

残り 228文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

長崎県の天気予報

PR

PR