リンガーハット8月中間は黒字転換 コロナ影響で回復は鈍く 

 リンガーハット(長崎市)が14日発表した2021年8月中間連結決算は、純損益が3億1800万円の黒字(前年同期は69億8400万円の赤字)となった。中間期として2年ぶりに黒字転換したが、新型コロナウイルスの感染拡大で黒字幅は予想の7割だった。

 売上高は前年同期比0・5%増の162億2700万円。...

残り 368文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

長崎県の天気予報

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR