逆転CSへ執念…鷹、八回に起死回生の4得点 柳田、代打川島で一気

 ◆楽天5-6ソフトバンク(14日、楽天生命パーク宮城)

 追い込まれている王者が、意地を見せた。一挙3点を奪われ勝ち越された直後の八回。2死一塁から柳町が左前打、栗原が四球を選び満塁とすると、柳田が安楽の直球を中前へはじき返した。甲斐、柳町に続き、相手の中継が乱れる間に一走の栗原も生還した。

 10月は13日までの11試合で打点なしに苦しんでいた主砲は「とにかく集中して打席に入りました」と、今月初打点となる一打で試合を振り出しに戻した。わずかながら可能性が残されている日本一へ向けて勝ち続けるしかない中、打線の意地はこれで終わらない。

 なお2死二塁で、代打の川島が左中間へ勝ち越し適時三塁打を放った。三回に先制しながらも一時逆転され、五回に追い付いたが七回に3失点。サヨナラ負けを喫した13日に続き重い雰囲気に包まれていた中、一挙4得点での逆転劇を演じた。

 直後の守りでも、意地を見せた。古谷が招いた無死一、二塁のピンチで、相手の送りバントに対し一塁の中村晃が猛然とチャージ。三塁封殺に成功すると、古谷も後続を気迫の投球で抑えプロ初勝利を手にした。

 残り7試合で3位楽天とは5ゲーム差と、厳しい状況に変わりはない。ただ工藤監督は「(八回の)ああいう意識が大事。常にもう1点という野球をやっていければ望みはある」と強調。王者の意地を示し続けていく。 (倉成孝史)

5年目古谷、プロ初勝利

 5年目の古谷がプロ初勝利を挙げた。打線が4点を奪って勝ち越した直後の八回に登板。1点リードの緊迫した場面を無失点でしのいで「勝ちに貢献できてうれしい」とうなずいた。

 今季は11試合に登板。150キロ超の剛速球を生かして競った展開での登板が増えたが、8日の西武戦は同点の八回に登板して4失点。「前回はチームに迷惑をかけてしまったので、強い気持ちで投げた」。この試合も無死一、二塁のピンチを招きながら、踏ん張った。

 モイネロの不在もあり、終盤を任せる投手の台頭が欠かせない。成長著しい22歳の左腕が、苦しいチームに明るい材料をもたらした。

関連記事

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR