有権者の判断材料を提供すべく

 例えば家具や家電製品、自動車など、値が張る耐久消費財を購入する際、通常は複数の候補を比較検討してから決める。投資額に見合う性能が期待できるのか、長年の使用に耐えうるのか、日常をより快適にするものなのか-。選択を誤ったせいで歯がゆい思いをすることも時にある。

 衆院選が近づいてきた。もちろん私的な買...

残り 241文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

PR