肉厚なシメサバに舌鼓 飲んべえ集う大箱老舗酒場

「古賀久」(福岡県久留米市)

 初回は4月中頃だったから、半年ぶりの連載となる(2回目なのに!)。言い訳をするならば、直後の5月に緊急事態宣言が出た。いったんは解除されたが、まん延防止等重点措置に移行。その後、再び緊急事態宣言となった。ボクのような左党にとっては長い、長い、自粛期間だった。

 久しぶりとなる今回は、福岡県久留米市の「古賀久」を取り上げたい。大正時代創業の老舗は、市内随一の歓楽街「文化街」のほど近く。老舗酒場といえばこぢんまりとしたカウンター店を想像するが、ここは違う。ホールに木製のテーブル席がずらりと並ぶ大箱酒場なのだ。...

残り 2183文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR