地球の壮大な物語が 「阿蘇踏査の歩み」(75)

【聞き書き】熊本大名誉教授 渡辺一徳さん

 私が初めて海外旅行をしたのは1971年。旧球磨農業高(南稜高=熊本県あさぎり町)の教員時代でした。国際火山学会が旧ソ連であり、夏休みを利用して参加しました。外国がまだ遠い、1ドル=360円の時代。初めて飛行機に乗りました。

 クレムリン宮殿近くのモスクワ大学でシンポジウムがあり、一緒に行った小野晃司さんは阿蘇カルデラについて講演しました。発表は、英語ばかりではなく、ロシア語やフランス語でもあり、よく分からない内容も多かったですね。...

残り 777文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR