「より良い日本を」思い込め、渋沢栄一モデルに新作像 宮若市「鉄の美術館」

 福岡県宮若市龍徳の「鉄の美術館」で17日から、「芸術の秋企画展」が開かれる。主宰する鉄工芸家の石橋鉄心さん(77)は次期衆院選後の新政権の発足に向け「新しい日本、より良い日本を」との思いを込め、「日本資本主義の父」と呼ばれる実業家渋沢栄一(1840~1931)をモデルに新作の鉄の像を作り上げた。

...

残り 389文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR