JR九州が在来線特急で荷物輸送実験 「かもめ」「ソニック」使用 

 JR九州は、在来線の特急列車を活用した荷物輸送サービスの実証実験を16日に始める。すでに九州新幹線では荷物を運ぶ事業に乗り出しているが、在来線では初めて。これまで車内販売の準備に使っていた特急列車の業務用スペースを活用する。

 16日は長崎-博多間の「かもめ」と、大分-博多間の「ソニック」を使い、...

残り 130文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR