百貨店・外食は業績改善 地場8月中間決算 「巣ごもり需要」には陰りも

 九州の主要流通・外食企業の2021年8月中間決算(一部は6月中間)が出そろった。新型コロナウイルスの影響下で2年目となる中間決算は、前年同期と比較可能な8社のうち、百貨店や外食など4社が経常損益、純損益とも黒字転換。2社は赤字幅が縮小するなど業績改善が進んだ。スーパーや量販店は好決算が続いているが...

残り 1009文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

PR