福岡5区、栗原氏は次回公認で決着 自民の説得受け入れ無所属出馬断念

 19日公示の衆院選で、自民党は15日、第2次公認として福岡5区の前職、原田義昭元環境相(77)や長崎4区の前職、北村誠吾元地方創生担当相(74)など残る6選挙区での擁立を決め、候補者調整を終えた。第1次公認と合わせ、小選挙区に計277人を擁立する。比例代表九州ブロックの前職、今村雅弘元復興相(74)への公認も決まった。

 党執行部はこの日午後、党本部に原田氏と、福岡5区で公認を求めていた元福岡県議の栗原渉氏(56)を同時に呼び、党の方針を伝達。今回は原田氏を公認した上で、栗原氏の不出馬を条件に、次回の衆院選では栗原氏を公認する案を提示し、両者に同意を求めた。

 関係者によると、栗原氏は調整案を拒否し、無所属で立候補する意向を示したものの、候補者を統一した野党側を相手に共倒れする可能性を懸念した遠藤利明選対委員長が説得。最終的に栗原氏がこれを受け入れ、岸田文雄首相や麻生太郎副総裁らが立ち会う中、原田氏と栗原氏は同意書に署名したという。

 この際、首相は栗原氏に対し「苦渋の選択をしていただき、大変ありがとう」と声を掛けた。党幹部によると、執行部は事前に、栗原氏側に比例九州ブロックでの処遇を打診したが、応じなかったという。公認決定後、遠藤氏は記者団に、「総合的に判断した」と述べるにとどめた。

 他に調整していたのは北海道7区、群馬1区、大阪8区、山口3区。このうち、前職の河村建夫元官房長官と、既に参院議員を辞職しくら替え出馬する林芳正元文部科学相が競合した山口3区は、林氏に軍配が上がり、河村氏は立候補せず引退する意向を示している。

 比例代表九州ブロックに公認された今村氏については、73歳未満でなければ比例名簿に載せない内規に触れるものの、今村氏が地盤としてきた旧佐賀2区が前回衆院選で定数削減の対象となったことから、例外として認めた。 (河合仁志、前田倫之、大坪拓也)

福岡県の天気予報

PR

PR