壱岐の歴史や文化をテーマにした作品 一支国博物館で展示

 壱岐の歴史や文化をテーマにした市民絵画・写真展が壱岐市の一支国(いきこく)博物館で開かれている。コンサートや映画上映会などを実施する同博物館の「しまごと芸術祭」の一環で、応募のあった未就学児から92歳までの絵画29点と写真21点を展示している。24日まで。観覧無料。

 絵画では、原の辻一支国...

残り 135文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR