コロナ下の国政選挙 感染対策に注力、人員減で開票作業遅れも

 19日公示、31日投開票の衆院選は新型コロナウイルス禍の中で実施され、県内18市町村の各選挙管理委員会は投開票の現場に感染対策を取り入れる計画を進めている。選挙業務でコロナ感染対策を手掛けるのは初めての選管もあり、密を避けるため開票所の人員を削減することで開票終了見込みが前回に比べて遅くなる例が出...

残り 487文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

大分県の天気予報

PR

PR