大分1区、5人目が表明 新人の西宮氏

 衆院選大分1区に、大分市の元遊技施設支配人で新人の西宮重貴氏(43)が15日、無所属で立候補すると表明した。大分県庁で記者会見した西宮氏は「新型コロナで政治のおかしさを実感した。一石を投じたい」と述べた。

 1区では自民党新人の高橋舞子氏(33)、共産党新人の山下魁氏(44)、「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」新人の野中美咲氏(25)、無所属前職の吉良州司氏(63)も立候補を予定している。 (後藤潔貴)

関連記事

大分県の天気予報

PR

PR