森痛恨サヨナラ被弾 鷹リリーフ陣乱調、10月防御率5点台に

 ◇ロッテ3-1ソフトバンク(15日、ZOZOマリンスタジアム)

 昨季まで4年連続日本一の王者が、これ以上ない「引き立て役」を演じさせられた。同点の九回2死一塁。森が岡にカットボールを左中間席に運ばれた。今季3度目のサヨナラ負け。劇的な勝利に沸くロッテの優勝マジックは「8」に減った。

 13日の3位楽天との直接対決でもサヨナラ打を浴びた守護神を、工藤監督は「森で打たれたらしょうがないっしょ、そこは」とかばった。ただ、後半戦の逆転負けはこれで10試合。うち七回以降に決勝点を奪われたのはこれで9試合目だ。

 昨季まで最大の強みはリリーフ陣だった。その象徴だった森は左肘手術から復帰した9月上旬以降、16試合の登板で7セーブを挙げる一方で3敗、防御率5・40。家族の都合でキューバに一時帰国したモイネロは再来日のめども立っていない。

 10月のリリーフ陣の防御率5・36は月別で今季ワースト。森の乱調について、工藤監督も「コントロールが珍しくね。乱れるのはなかなかないので」と漏らした。楽天が西武に敗れる追い風も生かせず、5ゲーム差は変わらないままだ。

 レギュラーシーズンは残り6試合。最短で17日にクライマックスシリーズ進出の可能性がなくなる。工藤監督は「われわれは一つも負けられない中で戦っている」と改めて口にしたが、突き付けられた現実はどこまでも厳しい。 (長浜幸治)

関連記事

PR

開催中

だざいふ子ども絵画展

  • 前期2021年11月11日(木)~23日(火・祝)、後期27日(土)~12月10日(金)
  • 太宰府市文化ふれあい館 エントランスホール
me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR