『由宇子の天秤』 「真実」を知らせるのは正義か

 最後まで緊張が続き、タイトルの天秤(てんびん)の意味を考えさせられた。何と何の重さが釣り合うのか、バランスが崩れると天秤はどうなるか-。

 ドキュメンタリーのディレクター、由宇子(瀧内公美)は、3年前の女子高生いじめ自殺事件の取材を続けていた。学校側は当時、自殺した女子高生と男性教諭が交際していた...

残り 614文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR