言葉や文化を超えた〝絆〟体感 「ONODA」青年期の主演 遠藤雄弥さん

 旧日本軍の軍人として終戦後もフィリピンのジャングルに残留し1974年に帰国した小野田寛郎さん(1922~2014)。その壮絶な生きざまを、フランスのアルチュール・アラリ監督が映画化した「ONODA 一万夜を越えて」が全国公開されました。小野田さんの青年期を演じた遠藤雄弥さん(34)が舞台あいさつで...

残り 1806文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR