福岡5区出馬断念「申し訳ない」 栗原氏が報告、陣営にはなお強硬論も

 衆院選(19日公示、31日投開票)の自民党公認候補を争い分裂していた福岡5区で、元県議の栗原渉氏(56)は16日、福岡県大野城市の事務所で開いた選対会議で立候補断念を正式に報告した。一方、党公認が決まった前職の原田義昭氏(77)は太宰府市の事務所で記者会見を開き、栗原氏陣営と融和を図り、選挙戦に臨みたい考えを示した。...

残り 365文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

福岡県の天気予報

PR

PR