応援弁士らが続々と長崎県内入り 衆院解散後初の週末

 衆院が解散されて初めての週末を迎えた16日、県内では立候補予定者の元を続々と応援弁士らが訪れ、19日の公示に向けて選挙ムードを盛り上げた。

 長崎1区では、自民新人の元を高市早苗政調会長と丸川珠代前五輪相が相次いで訪れ、長崎市中心部の繁華街などでマイクを握った。

 夕方、小雨が降る中で演説した高市...

残り 501文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

長崎県の天気予報

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR