県都決戦、実績か新風か 大分1区、対決の構図

 過去6度の挑戦で、比例復活を含めて5回の当選を重ねてきた前職吉良州司が、今回は無所属で退路を断っての戦いを挑む。

 希望の党から出馬した前回は、希望批判の逆風が直撃し、小選挙区で破れた。選挙後に加わった国民民主と、立憲民主が再編する際に「現実的な政策を実行できることを訴えていく立場を志向したい」と...

残り 1053文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

大分県の天気予報

PR

PR