どんな効果?ATM前にトラ柄「携帯禁止ゾーン」登場

 熊本県荒尾市と長洲町の金融機関の現金自動預払機(ATM)コーナーに、ド派手な「携帯禁止」ゾーンの表示が登場した。所管する荒尾署の署員たちが手作りで設置した。

 「還付金がある」との偽電話でATMに誘導し、携帯電話で操作を指示して現金を振り込ませる詐欺の被害防止が目的。動転する被害者も気付くよう、目立つトラ柄のテープなどで床面に「ケイタイ禁止」と大きく表示した。管内で7件600万円と被害が相次いだため、署員が発案した。

 材料費は約1500円。署員は「これで数十万円の被害を防げれば、費用対効果は大きいのでは」。

熊本県の天気予報

PR

PR