社会人野球通じ平成不況描く 池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』

酒井信さん寄稿

 米大リーグ、エンゼルスで活躍する大谷翔平の父・徹は、社会人野球三菱重工横浜で主に1、2番を打つ外野手として5年ほどプレーした。黒沢尻工業高(岩手)時代に甲子園の土を踏むことは叶(かな)わなかったが、彼は同じ三菱重工横浜でバドミントン部に所属していた翔平の母となる加代子と結婚し、その後、出身地岩手の...

残り 1714文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR