ミャンマー支援危機 国際社会、軍、民主派の思惑相反「トリレンマ」

 東南アジア諸国連合(ASEAN)は今月末の首脳会議でミャンマー軍政トップの出席を事実上拒否し、特使受け入れなどの合意履行を軍政に迫る圧力姿勢を鮮明にした。ただ、ミャンマーの孤立化が進めば合意項目の一つである緊急の人道支援が滞る懸念が増す。既に支援の現場では国際社会、国軍、民主派三者の...

残り 1042文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR