ふっくりんこ 木本美也子

 「お届け物でーす」。郵便局からドンと大きな荷物が届いた。ホクレン? ふっくりんこ? 何だろうと開けてみると「北海道産新米ふっくりんこ10キロ」。差出人は札幌の息子でした。さっそくお礼の電話。「おいしかったよ、ふっくりんこ。かわいい名前ね」

 念願の大学へ入学し、あこがれの北海道へ行って30年。学生...

残り 346文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR