中国、ソニー現地法人に罰金 盧溝橋事件と同日時の新製品発表告知で

 【北京・坂本信博】ソニーの中国法人が、中国の尊厳や利益を害する広告を禁じる「広告法」に違反したとして、100万元(約1770万円)の罰金を科されていたことが分かった。処分は今月12日付で、同社の6月末のインターネット広告が違法とされた。7月7日夜に新製品を発表するという告知で、日中戦争の発端となっ...

残り 525文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR