水俣病と命に向き合う 11月7、8日西南大で講演会

 「公害の原点」とされる水俣病の歴史と今も続く問題を通して命の大切さに向き合う「2days水俣病講演会」が11月7、8日、福岡市早良区の西南学院大西南コミュニティーセンターで開かれる=写真はチラシ。センターの前売りは満席のため、同大の別会場でライブビューイングとなる。

 グリーンコープとNPO法人水俣フォーラム主催、西日本新聞社と同大「ことばの力養成講座」共催。7日は「現代の命の“処遇”を福島と水俣に見る」と題し、未認定患者救済に取り組んだ水俣病被害者の緒方正人さん(67)=熊本県芦北町、作家の田口ランディさん、...

残り 354文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR