福岡市、イオンモール香椎浜に接種会場 予約不要、若者に照準

 新型コロナウイルスワクチンを巡り福岡市は、若者が多い地区にある商業施設に、22日から予約不要の集団接種会場を新たに設置する。市は今月末までに接種希望者の8割の接種完了を目標としており、接種率が比較的低い10~20代の接種向上に狙いを定め、追い込みを図る。

 接種会場は九州産業大や福岡女子大などが近くにある商業施設「イオンモール香椎浜」(東区)。22日から31日までの期間限定で、12歳以上を対象に米ファイザー製ワクチンを使う。2回目の接種予約もその場で行う。

 市によると、17日時点で2回目の接種を終えたのは全年代で約77%。50代以上が80%を超えているのに対し、10代は54%、20代は61%だった。

 市は予約不要の会場として、中央ふ頭クルーズセンター(博多区)に設置。交通アクセスの良いJR博多駅とつながる商業施設「KITTE博多」には要予約の接種会場を追加するなど接種率向上の施策を打ち出してきた。政府は11月初めまでに希望者全員の接種完了を目指している。(野間あり葉)

福岡県の天気予報

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR