秋の福岡に衆院選号砲 野党乱立の1区、前職激戦の2区、3回連続の構図9区

 衆院選が19日公示され、「秋の政治決戦」の号砲が鳴った。たすきを着けた候補者らは一斉に支持拡大へ駆けだし、福岡県内でも第一声が街頭に響いた。約4年ぶりの総選挙は、新型コロナウイルスへの対応や傷ついた経済の再生が主な争点。「政治とカネ」や災害復興も論点となる。直近3回、自民が強さを見せつけてきた九州で、共闘を進めた野党は巻き返せるか。解散から戦後最短で迎える31日の投開票日に、有権者が下す審判は-。...

残り 1684文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

福岡県の天気予報

PR

PR