衆院選公示、福岡8~11区に13人立候補

 衆院選が公示された19日、福岡8~11区には前回より2人多い13人(前職5人、元職2人、新人6人)が立候補し、12日間の選挙戦が始まった。政党別では、自民4人▽立民1人▽共産2人▽維新1人▽社民1人▽れいわ1人▽無所属3人。福岡10区で共闘する立民、共産が候補者を一本化した。新型コロナウイルス対策をはじめ、コロナ禍で落ち込んだ経済の回復や格差是正など課題は山積。秋晴れの下、候補者たちは街頭に繰り出し、論戦を繰り広げた。...

残り 1532文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

福岡県の天気予報

PR

PR