衆院選公示、筑豊地区で6陣営が論戦

 衆院選が公示された19日、筑豊地区でも福岡8、11区に立候補した計6陣営による論戦が始まった。8区は共産新人、自民前職、れいわ新人の3人、11区には社民新人、自民前職、無所属新人の3人が立候補して第一声を上げた。選挙戦では新型コロナウイルス対策や経済対策のほか、少子高齢化に直面する筑豊地区の浮揚策も争点となる。...

残り 747文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

福岡県の天気予報

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR