衆院選公示、筑後地区で7陣営が論戦スタート

 衆院選が公示された19日、筑後地区の福岡6区には県内最多となる5人が立候補を届け出た。一方、7区は自民党と立憲民主党による一騎打ち。コロナ禍で先行きが見えない社会に、政治は光を届けられるのか。立候補者たちは各地で出陣式や出発式を行い、街頭に繰り出してそれぞれの政策と支持を訴えた。...

残り 829文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

福岡県の天気予報

PR

PR