「川内原発特別点検の検証に協力を」 鹿児島知事が九電社長に要請 

 鹿児島県の塩田康一知事は19日、福岡市で九州電力の池辺和弘社長と面会し、九電川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)の運転期間延長に必要な特別点検を巡り、原発の安全性を検証する県の専門委員会への協力などを求めた。

 原発の運転期間は原則40年と定められており、原子力規制委員会が認可すれば最長20年...

残り 238文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

鹿児島県の天気予報

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR