大分県内3選挙区で9人立候補、コロナ対策など巡り論戦 衆院選公示

 衆院選が公示された19日、県内では3選挙区に計9人(前職5人、新人4人)が立候補し、12日間の選挙戦が始まった。前回、全選挙区で議席を得た自民と、非自民系候補が対決する構図。新型コロナウイルス対策や地方創生などを巡り論戦を繰り広げる見通し。投開票は31日。...

残り 2826文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

大分県の天気予報

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR