宮司のセクハラ疑惑 第三者委員会設置へ 長崎市・諏訪神社

 諏訪神社(長崎市)の70代男性宮司のセクハラ疑惑を巡り、神社の顧問弁護士らが18日、記者会見を開き、同神社としてセクハラ行為の調査を行う第三者委員会を設置することを明らかにした。一方、踊町などの常任総代らも同日会見し、宮司に対して即時退任と被害に遭ったとされる女性への謝罪を求めた。

 神社の...

残り 306文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

長崎県の天気予報

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR