衆院選公示 佐賀1、2区に4人立候補 自民と立民一騎打ち 

 第49回衆院選は19日公示され、佐賀1区に自民前職の岩田和親氏(48)と立民前職の原口一博氏(62)、2区に立民前職の大串博志氏(56)と自民前職の古川康氏(63)=公明推薦=がそれぞれ立候補した。共産は立民2人を支援。JAグループ佐賀の政治団体「県農政協議会」は自民2人を推薦する。秋晴れの下、4人の候補者は街頭で支持を訴え、12日間の選挙戦をスタートさせた。...

残り 1603文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

佐賀県の天気予報

PR

PR