ドライブイン演説会【コロナ下の衆院選】

 衆院選初日の19日、大分1区の候補が新型コロナ対策で、有権者が車に乗ったまま参加できるドライブイン形式の演説会を大型駐車場で開いた。

 米大統領バイデン氏の大統領選での取り組みを参考に企画した。有権者が車内のFMラジオを指定の周波数に合わせれば、演説の音声が聞ける仕組みだ。

 候補は大型トラックの荷台に立ち、約150台を前に熱弁。「駆け付けてくれて感謝します」「みなさんどうでしょうか」などと呼び掛けると、有権者は拍手代わりのクラクションやパッシングで呼応した。コロナ禍ならではの新たな選挙風景が繰り広げられた。

大分県の天気予報

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR