「給付金、子どもに負担は」「コロナ後の生活は」 有権者、政治姿勢も問う

 与野党ともに力点を置く新型コロナ対策では「ばらまき型」の主張が目立ち、具体的な財源論は聞こえてこない。少子化、エネルギー、憲法改正…。短期決戦の先に目を凝らす有権者は候補者に何を語ってもらいたいのか。九州各地で聞いた。

 「給付金はうれしいけど、1歳の長女の世代にどれくらいの負担になるのでしょう」...

残り 923文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

福岡県の天気予報

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR