【動画】阿蘇山が噴火 警戒レベル3に引き上げ

 気象庁は20日午前11時43分ごろ、熊本県の阿蘇山・中岳第1火口で噴火が発生したと発表した。噴煙の高さは3500メートルに達し、火砕流が火口から1キロ以上に達した。噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)からレベル3(入山規制)に引き上げた。

 火口から約4キロの場所にある国立阿蘇青少年交流の家(阿蘇市一の宮町)の事業支援室長、古庄宏光さんは「火口の方からドンと音がして黒煙が空高く上った。煙の量は多く、広範囲に広がっている感じがする」と説明。噴石による施設への被害はないものの、利用中の小学生たちに対し「外に出ないように」と注意を促したという。

関連記事

熊本県の天気予報

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR