「中途半端」に見える判決

 全国41都府県の被差別部落地名リストのネット公開は「差別を助長する」として出身者らが削除などを求めた裁判。9月の東京地裁判決はプライバシー侵害を認めたがリスト全ての削除ではなく約230人の原告一人一人を検討し、関連があると判断した25都府県にとどめた▼地裁には大勢の原告や支援者が集った。...

残り 189文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR