10月の景気判断、「持ち直し鈍化」据え置く 九州・沖縄、自動車減産響く 日銀福岡支店

 日銀福岡支店は20日発表した九州・沖縄の10月の金融経済概況で、景気全体の基調判断を「持ち直しのペースが鈍化している」とし、前月から据え置いた。

 生産については、新型コロナ禍による東南アジアからの部品供給不足で自動車が大幅な減産となっており、2カ月連続で「足踏み状態となっている」とした。個人消費...

残り 264文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

開催中

緑のコンサート

  • 2021年12月3日(金)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR