写真で被爆者の今伝えよう 長崎市のスタジオが体験の参加者募集

 長崎市の写真スタジオ「スタジオ・ワン・ナガサキ」は、若い世代を対象に「被爆者の今を伝えよう」と題してフォトグラファー体験の参加者を募集している。31日まで。被爆体験の継承が狙いで、市が本年度公募した新たな平和発信の取り組みに選ばれた。

 参加者は撮影やインタビューの方法などを学んだ上...

残り 255文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR