秋月辰一郎さん夫妻をしのぶ会 長崎から平和への思い新たに

 長崎原爆で被爆しながら、医師として負傷者救護に当たった秋月辰一郎さん(2005年、89歳で死去)と、妻の壽賀子(すがこ)さんをしのぶ会が20日、長崎市内の夫妻の墓前であった。家族や関係者約30人が夫妻の功績や人柄を語り合い、平和への思いを新たにした。

 辰一郎さんの命日の10月20日に毎年、実行委...

残り 293文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

長崎県の天気予報

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR