阿蘇山が噴火、噴煙3500メートル 警戒レベル「3」に引き上げ【動画】

 20日午前11時43分ごろ、熊本県の阿蘇山・中岳(1506メートル)第1火口で噴火が発生した。火砕流は火口から北約1・6キロ、西約1キロ、噴煙の高さは約3500メートルにそれぞれ達した。大きな噴石が南に900メートル飛散。気象庁は噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げた。けが人や家屋への被害は確認されていない。 

 県によると、当時中岳付近には登山客16人がいたが、全員下山。気象庁によると、同日午後にも小規模噴火が起きた。降灰は熊本県阿蘇市、高森、山都両町、宮崎県高千穂、五ケ瀬両町で確認された。

 阿蘇山では、火山性微動の振幅が大きくなった13日に気象庁が警戒レベルを2に引き上げ。14日に噴石を伴う噴火が起きていた。レベル3への引き上げは火砕流が発生した2016年10月以来。周辺自治体と警察でつくる「阿蘇火山防災会議協議会」は約2キロ圏の立ち入りを規制した。

 京都大火山研究センター(熊本県南阿蘇村)の大倉敬宏教授は、マグマの熱が地下水に伝わって起きる「水蒸気噴火」と分析。「大規模噴火につながる地下深くのマグマに変化はみられないが、火口底の状態が不安定で同程度の噴火には今後も注意が必要」と話す。 (梅沢平)

関連記事

熊本県の天気予報

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR