この世は幻影? 新作SF「存在しない時間の中で」刊行 山田宗樹さん

 もしこの世界が何者かによって作られたものだったら。新作「存在しない時間の中で」は大学の研究機関であったセミナーに見知らぬ青年が侵入し、ホワイトボードに謎の数式を書いて姿を消したことから物語が動きだす。宇宙には設計図があり、それを作った何者かがいることが分かるという数式。研究者たちは数式の解明を通じ...

残り 614文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR