執筆は「自分自身を癒やす行為」 東山彰良さんが5作を論評、助言

 直木賞作家の東山彰良さんを講師に招いた「習作合評会in長崎」(九州文化協会主催)が9日、長崎市の長崎県美術館であった。コロナ禍の影響で8月から10月に延期された合評会。事前に募集した短編や長編の一部の5作を読み込んだ東山さんが丁寧に論評し、30人の参加者からも、評価や意見が活発に出された。

 七条...

残り 1131文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR