「★どうが★やさしい日本語(にほんご)」の 楽(たの)しい 歌(うた)が できた

「やさしい日本語にほんご」を  ってもらうための  うたが  できました。

「やさしい  せかい」という  うたです。

やさしい日本語にほんごを  ひろめる  活動かつどうをしている「やさしい日本語にほんごツーリズム研究けんきゅうかい」が  つくりました。

明治大学めいじだいがくの  国際こくさい  日本にっぽん学部がくぶの  先生せんせいや  学生がくせいたちが  手伝てつだいました。

うたは  あかるくて  たのしい  ラップ( rap)です。

日本語にほんごが  むずかしいことや、  日本にっぽんでの  生活せいかつが  ときどき  大変たいへんなこと  などを  うたっています。

YouTubeで  うたの  動画どうがを  ることが  できます。歌詞かしは「やさしい日本語にほんご」でも  いてあります。

「やさしい日本語にほんごツーリズム研究けんきゅうかい」の  吉開よしかい  あきらさんは「外国人がいこくじんにも  日本人にっぽんじんにも、たくさんの  ひとに  いてほしいです」と  はなしました。

   ◆    ◆

【通常記事】

 日本語をあまり話せない外国人にも伝わりやすい「やさしい日本語」の普及を目指す「やさしい日本語ツーリズム研究会」(東京)が、やさしい日本語をテーマにした歌「やさしい せかい」を制作し、動画投稿サイトユーチューブ」で映像を公開した。日本語と日本での生活、それぞれの難しさをリズムに乗せて歌い、相手を思いやる気持ちの大切さを訴えている。

 明治大国際日本学部、山脇啓造教授の研究室が制作に協力。ゼミの学生らが歌った。曲は〈キラキラ瞳 ギラギラ目つき 点々ついたら まるで別の意味〉〈毎日漢字の読み方勉強 来日後からは空気読む方が面倒〉といった具合のラップ調。同時に公開している映像では「やさしい日本語」でも歌詞を表示している。

 「やさしい日本語」は、外国人だけではなく、高齢者や子ども、障害がある人などにも分かりやすいとされる。歌には手話通訳を付けたバージョンもあり、手話を文字に起こしているため、手話がどのように話されているかも分かる。

 研究会の吉開章代表(福岡県柳川市出身)は「多様なコミュニケーションを支える『やさしい日本語』の可能性に、一人でも多くの人に触れてほしい」と話している。(福間慎一)

関連記事

PR

バギーコンサート

  • 2021年11月28日(日)
  • 福岡市早良南地域交流センター ともてらす早良 チャイルドルーム

PR