第6波「5波上回る」熊本市が想定 来月下旬増加、年明けピークか

 熊本市の大西一史市長は21日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの感染「第6波」が発生した場合、同市の1日当たり新規感染者数が11月下旬から増え始め、年明けにはピークを迎えるとするシミュレーション結果を公表した。

 市のシミュレーションによると、新規感染者は11月24日ごろから増え、12月17日ご...

残り 217文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

熊本県の天気予報

PR

開催中

BANKO会展

  • 2021年11月20日(土) 〜 2021年11月30日(火)
  • こっぽーっとギャラリー

PR