堀江氏の新球団、寺原氏がコーチ就任へ 九州アジアリーグ

 実業家の堀江貴文氏らが北九州市に設立した新球団で、プロ野球独立リーグのヤマエ久野九州アジアリーグに加盟した福岡北九州は21日、ソフトバンクなどの元投手の寺原隼人氏(38)と投手コーチ就任で基本合意したと発表した。

 寺原氏は宮崎・日南学園高から2002年にドラフト1位でダイエー(現ソフトバンク)入りし、横浜(現DeNA)、オリックスを経てFAでソフトバンクに復帰後、ヤクルトでプレーして19年限りで現役引退。20年から沖縄のプロ球団琉球で投手コーチを務め、今季限りで退団した。球団を通じ「北九州で新しく生まれたチームの初代投手コーチに就任でき非常に光栄」などと談話を発表した。

 また球団ロゴとイニシャルマークも発表。デザインは公募し、球団が選んだ候補3点から支援者が投票して決めた。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR