秩序と無秩序 人間を隷属させる力に、どう対峙するのか

【人類学者のレンズ・松村圭一郎 】

 新型ウイルスの流行とくり返される自然災害、その背後にある経済活動のグローバル化や地球環境の問題。私たちは平穏な日常が脅かされる「危機」の時代を生きている。安定した秩序が崩れているという不安が世の中を覆う。そんな不安とどう向き合い、混沌(こんとん)とした時代の変化をいかに受けとめるべきなのか。この連載では、ずっとそんな問いを考えてきたように思う。...

残り 1545文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR