教育学部に残った理由 「阿蘇踏査の歩み」(80)

【聞き書き】熊本大名誉教授 渡辺一徳さん

 阿蘇に魅せられ、半世紀にわたって火山地質研究にのめり込んだ私の人生。理工系学部に在籍せず、なぜ一貫して教育学部で研究を続けたのか、疑問に思う読者もいらっしゃるのでは。

 確かに1995年、母校の熊本大教育学部の教授となって以降、熊本大を含め複数の大学の理学部から声を掛けていただきました。理学部に移れば、より...

残り 857文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR